中原宣孝 なかはらのぶたか
Nakahara Nobutaka
絵にとって額は服のようなもの
2010年 08月 01日 (日) 21:56 | 編集
『 山下かさね展 』 / 2010.07.26~07.31 / 札幌時計台ギャラリー

寒暖の変化から快適に過ごすために、
よりよく装うために、
人は服を着る。

絵にとって額は服のようなもの。
だけど、それは諸刃の剣、パルマコン。
作品にとって「額に負けてしまうこと」は最大の悲劇だ。

水彩画による個展。
どの作品も額装されていなくて、ピンで壁に留められている。
作品を前にして、不思議とそれが気にならない。
作品の不思議な魅力にひき込まれてしまうからか。

■ モチーフの多様さ.
  作家の、世界に対する視点の豊かさ。

■ アポリアな線描.
  普通ならあり得ない、主観性と誠実さが両立している。

■丁寧な彩色.
  微妙な色相の揺らぎをともなった一筆一筆で構築された畳など。

■テーマに応じた空間表現.
  正確な一点透視図法で描かれた作品や、
  机の上のペンが真上から描かれた人物画の多視点的作品。

■ 平面的な空間処理.
  ルネサンス時代までの作品を念頭に置いて述べられたであろう、
  「絵画」をディフィニションした次の言葉は、
  不思議と山下さんの作品にも当てはまる。

「板とか壁とか画布とかの表面において、適切な素描力によって形象を取り囲む輪郭線の周りが、
色彩の拡がりに覆われた平面である」
(GIORGIO VASARI / 1551 - 1574)

copyright (C) Nakahara Nobutaka all rights reserved.
designed by polepole...